お気に入り登録
  • 宮澤賢治童話『よだかの星』より 第3章、第4章

  • 第3章

    霧がはれて、お日さまがちょうど東からのぼしました。よだかはぐらぐらするほどまぶしいのをこらえて、矢のように、そっちへ飛んで行きました。
    「お日さん、お日さん。どうぞ私をあなたのところへつれてってください、やけて死んでもかまいません。私のようなみにくいからだでもやけるときには小さなひかりを出すでしょう。どうかわたしをつれてってください。」
     行っても行っても、お日さまは近くなりませんでした。かえってだんだん小さく遠くなりながら、お日さまがいいました。
    「おまえはよだかだな。なるほど、ずいぶんつらかろう。こんや空を飛んで、星にそうたのんでごらん。おまえはひるの鳥ではないのだからな。」
     よだかはおじぎを一つしたと思いましたが、急にぐらぐらとしてとうとう野原の草の上に落ちてしまいました。そしてまるで夢を見ているようでした。からだがずうっと赤や黄の星のあいだをのぼって行ったり、どこまでも風に飛ばされたり、またたかがきてからだをつかんだりしたようでした。
     つめたいものがにわかに顔に落ちました。よだかは目をひらきました。一本の若いすすきの葉から露がしたたったのでした。もうすっかり夜になって、空は青ぐろく、一面の星がまたたいていました。よだかは空へ飛びあがりました。こんやも山やけの火はまっかです。よだかはその火のかすかな照りと、つめたい星あかりの中を飛びめぐりました。それからもう一ぺん飛びめぐりました。そして思い切って西の空のあの美しいオリオンの星のほうに、まっすぐに飛びながら叫びました。
    「お星さん。西の青じろいお星さん。どうか私をあなたのところへつれてってください。やけて死んでもかまいません。」
     オリオンは勇ましい歌をつづけながらよだかなどはてんで相手にしませんでした。よだかは泣きそうになって、よろよろと落ちて、それからやっとふみとまって、もう一ぺん飛びめぐりました。それから、南の大犬座(おおいぬざ)のほうへまっすぐに飛びながら叫びました。
    「お星さん。南の青いお星さん。どうか私をあなたのところへつれてってください。やけて死んでもかまいません。」
    大犬(おおいぬ)は青やむらさきや黄やうつくしくせわしくまたたきながらいいました。
    「ばかをいうな。おまえなんか一たいどんなものだい。たかが鳥じゃないか。おまえの羽でここまでくるには、億(おく)年(ねん)兆(ちょう)年(ねん)億兆(おくちょう)年(ねん)だ。」
     そしてまた別のほうを向きました。
     よだかはがっかりして、よろよろ落ちて、それからまた、二へん飛びめぐりました。それからまた思いきって北の大熊(おおくま)星(ぼし)のほうへまっすぐに飛びながら叫びました。
    「北の青いお星さま、あなたのところへどうか私をつれてってください。」
    大熊座はしずかにいいました。
    「よけいなことを考えるものではない。少し頭をひやしてきなさい。そういうときは、氷山の浮いている海の中へ飛び込むか、近くに海がなかったら、氷をうかべたコップの水の中へ飛びこむのが一等だ。」
     よだかはがっかりして、よろよろ落ちて、それからまた、四へん空をめぐりました。そしてもう一度、東から今のぼった天の川の向う岸のわしの星に叫びました。
    「東の白いお星さま、どうかわたしをあなたのところへつれてってください。やけて死んでもかまいません。」
     わしは大風(おおふう)にいいました。
    「いいや、とてもとても、話にも何にもならん。星になるには、それ相応(そうおう)の身分でなくちゃいかん。またよほど金(かね)もいるのだ。」
     よだかはもうすっかり、力を落としてしまって、羽をとじて地に落ちて行きました。そしてもう一尺(約三〇センチ)で地面にその弱い足がつくというとき、よだかは、にわかにのろしのように空へとびあがりました。空のなかほどへきて、よだかは、にわかにのろしのように空へとびあがりました。空のなかほどへきて、よだかはまるでわしがくまをおそうときするようにぶるっとからだをゆすって毛をさかだてました。
     それからキシキシキシキシキシッと高く高く叫びました。その声はまるでたかでした。野原や林にねむっていたほかのとりは、みんな目をさまして、ぶるぶるふるえながら、いぶかしそうに星空を見上げました。

    第4章
     
     よだかは、どこまでも、どこまでも、まっすぐに空へのぼって行きました。もう山やけの火はたばこのすいがらくらいにしか見えません。よだかはのぼってのぼって行きました。
     寒さにいきはむねに白くこおりました。空気がうすくなったために、羽をそれはそれはせわしくうごかさなければなりませんでした。
    それだのに、星の大きさは、さっきと少しも変りません。つくいきはふいごのようです。寒さや霜がまるで剣のようによだかをさしました。よだかは羽がすっかりしびれてしまいました。そしてなみだぐんだ目をあげて、もう一ぺん空を見ました。そうです。これがよだかの最後でした。もうよだかは落ちているのか、のぼっているのか、さかさになっているのか、上を向いているのかもわかりませんでした。ただこころもちはやすらかに、その血のついた大きなくちばしは、横にまがってはいましたが、たしかに少しわらっておりました。
    それからしばらくたって、よだかははっきりまなこをひらきました。そして自分のからだがいま燐(りん)の火のような青い美しい光になって、しずかに燃えているのを見ました。
     すぐとなりはカシオピア座でした。天の川の青じろい光が、すぐうしろになっていました。
     そしてよだかの星は燃えつづけました。いつまでもいつまでも燃えつづけました。
    今でも燃えています。
  • アーティスト: [作曲]塚本文子 , [テノール]島田康祐 , [ピアノ]森本加奈
    ジャンル: 現代作曲家 , 声楽 , ピアノ
    シリーズ: 日本歌曲の潮流
  • 全曲ダウンロード価格:1,000円(税込)
  • カートに追加
# 楽曲名 視聴 時間 税込価格
1 第3章 9:04 800円 カートに追加
2 第4章 3:42 800円 カートに追加
※プラグインをインストールすると楽曲の視聴が可能になります。

関連する作品

07.森の朝

\100(税込)

アーティスト

銀河鉄道の夜

\1,000(税込)

アーティスト
塚本文子

ピアノの為の前奏曲集 庭園

\500(税込)

アーティスト
浅井和夫
浦田由里子

花びら ひらり

\100(税込)

アーティスト
浅井和夫
砂崎香子
浦田由里子

夢色の風にのる猫

\300(税込)

アーティスト

湊まゆみ
海老沼明美

愛の調べ

\100(税込)

アーティスト

オペラ「親鸞、幻の如くなる一期」

\700(税込)

アーティスト
大谷千正

いつまでも いつまでも (ソプラノとピアノの為の)【楽譜】

\800(税込)

アーティスト
草野次郎

ヴァイオリン ソナタ 1番 ト短調

\300(税込)

アーティスト

掛橋佑水
新 弥生

Page top